永代供養墓受付中

 



お地蔵

あじさい

光照寺のみどころ

【お地蔵様】
 門柱脇の大地蔵、鐘楼堂向かいの六地蔵、地蔵堂前には14体の大小の地蔵様があり、御参詣の方々をたくさんの地蔵様が見守ってくださいます。


 


【あじさい】
 6月~7月は100種800株のあじさいが見頃です。本堂前には最近の人気品種(ダンスパーティー、佳澄、ひなまつり、花物語など)を中心に さまざまな品種100鉢以上の鉢植えが並びます。庭や裏山には600株以上が植えてあり、時期には青色赤色に伽藍を彩ります。

 

今月の光照寺

2020/06/29

7月の光照寺

 

行持予定

 7月 4日(土)・・・ 松尾与十郎忌供養 10時30分開経
 7月 5日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 7月12日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 7月19日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 7月25日(土)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 7月26日(日)・・・ ボランティア活動6:00開始
男性はあじさい定植、女性は草取り
護持会役員山掃除 8:00

 

 

来月の予定

                                              
 8月 2日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
新盆、盆参法要 10:00開始 おときなし
 8月 9日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 8月13日(木)・・・ お墓参り
 8月14~16日・・・ 棚経
 8月23日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 8月30日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静

 

 

 

和尚のミニ法話

2020/07/11

変化もあじさいの魅力

写真を見てどんな風に思われますか?
「ダブルタッチ ゴーダホワイト」という名前です。開花株を買い求めました。白色の大きな花びらがいくつも重なって見事な花でしたが、日が経つにつれ赤味が増しやがて紫がかって、しまいには茶色く枯れていきます。一株でその様子が全部見れたのがこの写真です。人間に例えれば青年から壮年、熟年、老年と人生の縮図のような写真だと思いませんか。さらに茶色く枯れた花もドライフラワーのようで、それはそれ味がありますね。以前の私ならこんな状態は汚らしくてさっさと切り落としたに違いありませんが、まあ私も年を取ったということですかね。
Eテレ「趣味の園芸」でアナベルを長く楽しむということをやっていました。「白の手毬咲きアナベルはやがてグリーンになり最後は茶色くドライフラワー状になります。それはそれで十分楽しめます。アナベルの花芽は来年の初春に新枝にできるので、遅くまで楽しんでから剪定してもいいのです。」と言う内容でした。