永代供養墓受付中

 



お地蔵

あじさい

光照寺のみどころ

【お地蔵様】
 門柱脇の大地蔵、鐘楼堂向かいの六地蔵、地蔵堂前には14体の大小の地蔵様があり、御参詣の方々をたくさんの地蔵様が見守ってくださいます。


 


【あじさい】
 6月~7月は100種800株のあじさいが見頃です。本堂前には最近の人気品種(ダンスパーティー、佳澄、ひなまつり、花物語など)を中心に さまざまな品種100鉢以上の鉢植えが並びます。庭や裏山には600株以上が植えてあり、時期には青色赤色に伽藍を彩ります。

 

今月の光照寺

2022/05/06

5月の光照寺

 

行持予定

 5月 1日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 5月 8日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 5月15日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 5月17日(火)・・・ 定例梅花講練習日 9:30~
 5月22日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 5月29日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静

 

 

来月の予定

                                              
 6月 5日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 6月12日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 6月18日(土)・・・ 月例坐禅会 6時止静
 6月19日(日)・・・ ボランティア活動(草取り、あじさい定植) 6:00~7:00
 6月21日(火)・・・ 定例梅花講練習日 9:30~
 6月25日(土)・・・ 光照寺大般若会 10時30分打出  おとき(持ち帰り)
 6月26日(日)・・・ 月例坐禅会 6時止静
午後、煮付コンニャクの振舞いあるかも?
 6月29日(水)・・・ あじさい坐禅会(あじさいを眺めながら心静かに過ごすひと時)
9時から40分間のイス坐禅 定員10人
 6月30日(木)・・・ あじさい坐禅会 同上

 

 

 

和尚のミニ法話

2022/04/16

僧侶が用なしになる時代

写真:石庭と水芭蕉と桜の絨毯 どれもいい感じでマッチしていませんか。写真をクリックしてじっくりながめてください。

今朝のNHKニュースを見て驚きました。AIが脚本を書いた映画が注目を集めている・・・と。通常の私たちには思いもつかないような発想で脚本を作るのだと。このニュースを見ながら、お寺の役割の大部分もAIに取って代わられる時代が来るのではないかと心配になりました。佛法僧の仏と法は残るでしょうが、僧の役目の大部分はAIが賄うのではないかと。お経をよんで、葬式をするだけの僧侶は用なしになるのかもしれません。
僧侶の本質的なことに立ち返らないといけないなと強く感じました。
修証義に曰く「深く佛法僧の三宝を敬い奉るべし。・・・佛は是れ大師なるが故に帰依す。法は良薬なるが故に帰依す。僧は勝友なるが故に帰依す。」
僧は勝友なのです。少なくともお檀家さんや信徒さんにとって私は勝友であるのか、今一度問い直しをしなければなりません。AIが勝友であると言われないためにも。